五代目修業中[BLOG]

幼い頃から、3代目4代目の仕事を肌で感じて来ました。
5代目に向かって『意志固し(石硬し)』を貫きます!

1級石材施工技能士

お久しぶりでございます。
技能検定において、1級石材施工技能士(石材加工)に合格することが出来ました。
P1030937.jpgのサムネイル画像
この証書をもらうまでに、かなりの時間がかかってしましましたが、ようやくいただくことが出来ました。
技能士の資格は父も持っていた資格で、父と肩を並べたとはとても思いませんが、これで少し近づけたのかなと思っています。
工事においても、自信を持って作業させていただきます。
まだまだ未熟ではありますが、今後ともよろしくお願い致します。

この場をお借りいたしましてお礼申し上げます。
合格にあたり多くの先輩方にご指導、お気遣いいただきありがとうございました。
今後もご迷惑お掛けすることもあると思いますが、よろしくお願い致します。

イルミネーション

先月、ちょっと早めに仕事が終わった日があったので、あしかがフラワーパークに行ってきました。
イルミネーションが有名みたいなので、一度行ってみたいと思っていました。
それでは、イルミネーションをご覧ください。
DSC_0755.jpg
DSC_0756.jpg
DSC_0757.jpg
DSC_0759.jpg
DSC_0763.jpg
DSC_0764.jpg
初めてお邪魔しましたが、素晴らしい景色でした。
今回、紹介致しましたあしかがフラワーパークのイルミネーションは、今年度は終わってしまったようなのでご興味のある方は来年度行ってみてください。
ただ、こちら(川越)で着ている防寒着で行ったところ、すごく寒い思いをしイルミネーションどころではなくってしまったので、お出かけになる方は暖かい格好でお出かけください。

初釜

先日、初釜に参加して参りました。
初釜とは、茶道の行事の一つで新年を迎えた後最初に行うお稽古のことです。
20170108_123526317.jpg
20170108_111046376.jpg
20170108_111626044.jpg
上の写真は左からタカ(酉)、なす、富士山だそうです。(一富士二鷹三茄子)
普段のお稽古とは少し様子が違い緊張しましたが、楽しい時間を過ごせました。
今年はもう少しお作法が出来るようになればよいのですが・・・。
今年もよろしくお願い致します。

地震対策(外柵)

今年は大きな地震がいくつかございましたが、墓地の地震対策としてご紹介させていただきます。
今回は外柵の地震対策です。
P1030603.jpg
接合箇所にL字金具、天端にジョイント金具を取り付けて補強してあります。
これによりズレを防止することができます。
また、接合箇所の間には石材用ボンドと石材用の弾力性接着剤を使用し、温度変化や衝撃、耐震性にも強い工法です。

写経塔

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
またまた久しぶりの更新となってしまいました。
今回は写経塔をご紹介したいと思います。
P1030595.jpg
P1030594.jpg
川越のお寺様に建之させていただきました。
下石は写経が納められるようになっています。
最後に敷石を敷き完成となりました。

埼玉県石材業協会 講演会

またまた久しぶりの更新となってしまいました。
先日、当店が加盟しております埼玉県石材業協会の総会が行われ、その後講演会があり参加してきました。
とても参考になる話でしたのでご紹介致します。
演題は「墓と日本の精神文化」という内容です。
その中で自分が気になったことは、
「凡そひとは、墓より起こる。墓は家の根である。 墓⇒家⇒人」
「痩せた南瓜。南瓜を大きくするには、根に肥、運の開けぬ人は、自分の根に施肥」
という言葉でした。
木に例えるならば、根=墓、幹=家、実=人というイメージだそうです。
講師の方のようにうまくは説明できませんが、簡単に説明してしてしますと、
普段の生活においてうまくいかないことなどがあれば一度お墓参りをしてみましましょうということです。
講師の方の話ではこのような状況の人は、しばらくお墓参りには行っていない人が多いとのことでした。
改めてお墓参りの大切さを学んだ講演会でした。
※今回は写真を撮るのを忘れてしまいました。すみません。

法灯花

8月13日に川越中院さんにて「法灯花」(ほうとうか)が行われました。
以前にもご紹介致しましたが、ご覧になっていたお客様から「もっと案内すればいいのに」というお声を頂きましたので、再びご紹介させて頂きます。
IMG_20150813_183203.jpgIMG_20150813_185346.jpgIMG_20150813_185249.jpg
写真はうまく撮れませんが、実際はもっと幻想的な雰囲気です。
8月15日(土)にも行われます。
時間は、18:00頃~20:00頃までとなっています。
他ではなかなか見ることはできないと思いますので、ご都合の許す方は是非ご覧ください。


磨き直し

今回は石塔の磨き直しをご紹介致します。
墓石は、長年屋外にあることもあり汚れが目立ってきてしまう物もあります。
また、こまめにお掃除してして頂いても拭き掃除だけでは落ちない汚れが付いてしまったりします。
写真は、本小松という石種の石です。
P1010428.jpg
今回の場合は汚れではないのですが、クリーニングでは落としきれないので磨き直しを致しました。
P1010558.jpg
見違えるようにキレイなりました。
磨き直しをしただけで新しい石には交換していませんよ。
石塔の汚れが気になる方は、汚れに合わせたご提案をさせて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

大雄山最乗寺

先月末に神奈川県にあります「大雄山最乗寺」に参拝してまいりましたのでご紹介いたします。

はじめに大雄山最乗寺について簡単にご説明いたします。
曹洞宗に属し全国に四千余りの門流をもつ寺であり、ご本尊は釈迦牟尼仏、脇侍仏として文殊、普賢の両菩薩を奉安し、日夜国土安穏万民富楽を祈ると共に、真人打出の修行専門道場である。開創以来六百年の歴史をもつ関東の霊場として知られ、境内山林一三〇町歩、老杉茂り霊気は満山に漲り、堂塔は三十余棟に及びます。
慶永元年(1394年)了庵慧明禅師(りょうあんえみょうぜんじ)により開山されました。
大雄山最乗寺の守護、道了尊(道了大薩埵)(どうりょうそん(どうりょうだいさつた))は「以後山中にあって大雄山を護り多くの人々を利済する」と五大誓願文を唱え天狗の姿に変え、火焔を背負い右手に拄杖左手に綱を持ち白狐の背に立って、天地鳴動して山中に身をかくされたと言い伝えられています。

DSC_0425.jpgDSC_0429.jpg
DSC_0439.jpg
DSC_0442.jpg
DSC_0444.jpg
参拝にお邪魔した時は生憎のお天気でしたが、そのおかげでより紅葉がキレイに見えるような気がしました。
最後の写真は「金剛水」というお水です。頂くことができました。

お焚き上げ

9月1日に新宿(あらじゅく)の雀ノ森氷川神社にて「お焚き上げ」が行なわれました。
あいにくの天気となってしまいましたが、富士塚に氏子の方々がお参りしています。P1020697.jpg
薪にはブルーシートがかけられて濡れないようになっています。P1020699.jpg
願いを込めたお札が火の中に入れられ、お札が高く舞い上がっています。P1020704.jpg写真を撮っていた場所でも熱気が伝わってきます。
周りにはいくつか露店も出ていました。
来年はぜひ天気がいいこと願って、またお邪魔いたします。

プロフィール

石ノ上ニモマダ七年。日々コレ修業中デス!
お客さまの気持ちに添えることができる柔らかい気持ちを持った石屋の5代目(仮)を目指す専務。
仁村武史(31歳・既婚)

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ